ボーディル・ヴィクトリア・アーネセン(ソプラノ)、正木文惠(ピアノ)グリーグ歌曲集
2019年12月10日に開催されたボーディル・ヴィクトリア・アーネセン(ソプラノ)、正木文惠(ピアノ)のリサイタルより、グリーグ歌曲集を取り上げ編集している。ノルウェーを代表するソプラノ歌手でグリーグ博物館からグリーグ賞を受賞したアーネセン氏と私との共演で、多くの方にグリーグ歌曲を拝聴頂き、国内におけるグリーグ歌曲の普及と理解を深めることが目的である。またこのコンサートを通して、ノルウェ―と日本の音楽交流を深め貢献する事が狙いである。 コロナの影響で、多くのコンサートが中止の中、音楽をオンライン方式でご自宅で聴いて頂き、音楽を通して心を通わせ、閉塞感漂う生活に少しでも潤いを感じて頂きたい。

正木文惠
毎日新聞社主催徳島県音楽コンクール、全四国音楽コンクール四国1位。武蔵野音楽大学音楽学部ピアノ科卒業、本多万里子氏に師事する。鳴門教育大学大学院及び研究生修了、村澤由利子氏に師事する。大学院修了後、オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授のヴァイスハール・ ドボラック、アレキサンダー・イエンナー、パウル・バドゥラ=スコダ各氏に師事する。

詳しくはこちら>>>