Gene Shigemura Session
ドラマーのジーン重村です。 普段は東京、横浜を中心にライブやレコーディング等の音楽活動をしています。 2020年8月7日に六本木サテンドールにて、新型コロナウイルス感染拡大防止に細心の注意を払い人数を制限してのライブを行いました。 その時のライブを撮影した動画から編集して作成しまjean このような状況こそ「音楽の力」が必要ではないかと考えています。 音楽で区民の皆様が、少しでも明るい気持ちになってもらえたら嬉しいです。 よろしくお願い致します。

尾藤大介
ドラマー ジーン重村 (GENE SHIGEMURA) 1973年8月14日生まれ、 大阪府枚方市出身。 4歳よりピアノ、14歳よりドラムを始める。 中学、高校では吹奏楽部でフレンチホルンを担当。 1992年大学在学中より「モンデンサウンドクリニック」の講師を務める。 その後上京し、海老沢一博氏に師事。 プロデビューし、様々なセッションで活動を開始する。 幅広い音楽性で、ジャズ、ラテン、ファンク、ポップスなどジャンルを問わず、安定したリズムと繊細かつ大胆なドラミングには定評があり、多くのミュージシャンからの信望を集めている。 現在関東を中心にセッション、スタジオワーク等、多方面で活躍中。 Canopus(Drums)、Zildjian (Cymbal)、RegalTip(Stick) エンドーサー。

詳しくはこちら>>>