愛をこめて
「愛の挨拶」は作曲家エルガーが妻のために贈った曲です。宗教や格差の違いなど大きな壁を乗り越えて婚約した、2人の愛の強さを感じられます。 「The Rose」は日本では「愛は花、君はその種子」としてジブリの作品にも登場し、親しまれています。この曲には“もし今大変な時だったとしても雪の下で眠る種もいつかはバラの花を咲かせる”という意味の歌詞がつけられています。愛する人をバラに例えて愛情を伝え、希望を持たせようと励ましています。 愛の詰まったこの曲たちを通して、私たちも聴いてくださる皆様に愛をお届けできたらと願って演奏します。

MOMONE DUO
伊澤萌音(ヴァイオリン)と塩木ももこ(ピアノ)のデュオ。東京音楽大学在学時、2年間学生寮にて同部屋で過ごし、先輩後輩の垣根を越えて何度も共演を重ねている。

詳しくはこちら>>>