オペレッタ「美しきエレーヌ」より二重唱『これはただの夢』
オッフェンバック作曲オペレッタ「美しきエレーヌ」より男女の二重唱『これはただの夢』をお届けします。オペレッタとはミュージカルの原点ともいえる作品で、明るく親しみやすい音楽が特徴的で、クラシック初心者の方にも気軽に聴いていただけます。 このオペレッタは神話をパロディ化したコメディタッチとなっており、この二重唱は男性に誘惑されるがこれは夢だから、と誘いに乗る女性をユーモアを感じさせる音楽で表します。

金山京介
島根県出身。国立音楽大学声楽科首席卒業。卒業時に矢田部賞受賞。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程(オペラ)を修了。二期会オペラ「魔笛」タミーノ役で本公演デビューした後、日生劇場オペラ「ドン・ジョヴァンニ 」ドン・オッターヴィオ、「セヴィリヤの理髪師」アルマヴィーヴァ、「後宮からの逃走」ベルモンテ 、神奈川県民ホールオペラ「魔笛」タミーノ、二期会オペラ「後宮からの逃走」ベルモンテ 役、全国共同制作オペラ「ドン・ジョヴァンニ 」ドン・オッターヴィオ役など、国内の主要なオペラに続けて出演している。新国立劇場オペラ公演、小澤征爾音楽塾カヴァーキャストなども務める。宗教曲ではメサイア、モーツァルト・レクイエム、第九、ロッシーニ ・スターバトマーテル、ハイドン天地創造等のソリストを務める。男性声楽ユニット「La Dill」の一員としてメジャーデビュー。日本クラウンよりミニアルバム「匂い立つ風」が発売中。二期会会員。

詳しくはこちら>>>