A Day In The Life
作品タイトル 『A Day In The Life』 ジャンル 短編映画 企画内容・コンセプト 板橋区在住の映画監督・工藤雅典です。今回このキャンペーンへの応募に当たり、自分が暮らす町・板橋を題材に短編映画を撮影しようと考えました。 この映画(フィクション)を軸にして、さらに、メイキング風景、この映画を撮る動機、私の過去の映画に登場する様々な板橋の表情、これまでの映画人生を振り返ったコメントなどを織り込んで、フィクションとドキュメンタリーが渾然一体となった映像作品を創る試みとしたいと考えています。

工藤雅典
1958年7月6日生、北海道夕張市出身。 1983年日活入社。日活撮影所で助監督となる。西村昭五郎監督、藤浦敦監督、上垣保朗監督などの日活作品の他、村川透監督、那須博之監督、大森一樹監督、東陽一監督などの作品等、数多くの映画、テレビで助監督をつとめる。1990年、日活80周年記念映画『落陽』でチーフ助監督昇進。1991年、フジテレビ『世にも奇妙な物語~ボタン』で初監督。 1999年日活を退社しフリーとなる。2000年に日本映画監督協会入会。監督協会の委員会で、先輩監督インタビュー『わが映画人生』という記録映像を作成、保存する活動を続ける。撮影や編集を担当した先輩監督は、今村昌平監督、山田洋次監督、篠田正浩監督、伊藤俊也監督など多数。2002年より小津安二郎記念蓼科高原映画祭の短編映画コンクールの審査委員も務める。日本映画監督協会理事。

詳しくはこちら>>>