笙とピアノによる12のハッピーバースデー~和風月名と六調子から
ハッピーロード大山商店街に因みゆかりある板橋の区民の皆様はじめ聴いて下さる皆様に向けて応援とお祝いのため12ヶ月それぞれのテーマを設定し雅楽器笙と西洋楽器ピアノで誕生日の歌を1ヶ月ごとのテーマに基づいた演奏を6分程度の作品にまとめ上げる企画 テーマは和風月名と雅楽の六調子、西洋音楽における12の調から着想を得た編曲でハッピーバースデーの曲を演奏 新型コロナウイルス感染拡大により自粛を余儀なくされ誕生日を一人で過ごされる方、現在治療中で苦しみの中闘っていらっしゃる方、治療の最前線にいる医療従事者の皆様にも届けたい音楽 音楽は直接命を救うことはできませんが、思いを伝える事で人の役に立てると信じる。

ゆきに/出会ユキ
埼玉大学卒業 作曲家、笙奏者、ピアニスト。 鳳笙を宮内庁式部職楽長多忠輝氏に師事、ピアノを林正樹氏に師事する。 近年はYouTubeで【ゆきに】としても活動中。 主なピアノ作品「水の組曲」 2011年の東日本大震災をきっかけに社会貢献、ボランティアについて興味を持ち始め、2011年東日本大震災のボランティアに参加。2018年の西日本豪雨ボランティアにも参加し避難所での慈善演奏を実施 海外活動は、2012年のデンマーク留学でインクルーシブな発想と国境を超える音楽の可能性を実感。2014年リトアニア「Now Japan Festival」に出演し、即興性に富んだ自作曲の演奏で好評を博した。2015年4月にベネズエラ国にてオーケストラの合唱クラス指導を行い2017年4月にジャマイカ国エドナマンレー芸術大学にてジャズ演奏の教鞭をとる。2019年9月リトアニア「Now Japan Festival」に招聘、ラグビーワールドカップ2019で君が代の雅楽合奏に参加。

詳しくはこちら>>>