古典落語「鍋草履」
いぶし銀の噺家・桂歌春が、師匠である故・桂歌丸から直伝された古典落語の名作「鍋草履」をアーティスバンクいたばし向けに口演。歌丸より「門外不出」と言われ、この噺を披露できるのは歌春のみ。本格正調の江戸落語を手軽に楽しめる動画。スマホやパソコンがあれば、ご自宅が寄席に早変わり。

桂歌春
昭和45年10月西南学院大学在学に落語会を志し上京。故・桂枝太郎師に入門、桂枝八で前座。51年二ツ目昇進。54年3月枝太郎師一周忌を機に故・桂歌丸門下に移籍。60年9月桂歌春で真打昇進。公益社団法人落語芸術協会理事。都内の寄席や地方公演を中心に活動。

詳しくはこちら>>>