祭の太鼓(宮城道雄作) 月宵version
【古の心と現代の響き】 宮城道雄さんの箏曲「祭りの太鼓」を月宵ならではのアプローチで作品にしてみました。箏とピアノが奏でる様々な響き・音色・リズムを楽しんでいだだける内容に仕上がっております。

月宵(つきよい)
400年前の箏曲「六段」をアンビエントにアレンジしたROKUDANがデビュー作。2012年よりKouのボーカルをフィーチャーした楽曲を続々発表。 2013年発表の楽曲「赤く咲いて」は”超ラディカルなポップソング”と評され英国Electronic Sound誌に取り上げられたほか、「いろはうた」を題材に日本の美意識・宗教観を盛り込んだ楽曲「Transitory」は米MondoTunesレーベル主催Dubstep Contestで堂々二位受賞。2014年7月にはフランス「Japan Expo 15h」に登場し現地にTSUKIYOIコールを起こす。続いて同年9月には台湾「Tokyo Crazy Kawaii Taipei」出演。

詳しくはこちら>>>