ヴィオラ1本勝負~まずは音色を知ってほしい~
以前撮影したヴィオラ無伴奏の演奏動画を編集してまとめたものです。 ヴィオラというのはヴァイオリンより少し大きくて低い音が出る楽器なのですが、一般に名前は浸透しておらず残念ながら他の楽器の陰に隠れてしまっています。 しかし、ヴィオラはただ地味なだけではないのです。温かく包み込むような音色や歌心あふれる表現を得意としますが、一方で高い音や不協和音を強く打ち鳴らす衝撃的な音も出ます。そんなヴィオラを多くの人に知ってもらって、可能性や魅力を感じてもらう企画です。曲は聴きなじみのあるバッハから始まりロマンチックなヴュータン、不協和のインパクトのあるヒンデミットの3曲で、時代による変化もお楽しみ頂けます。

中村詩子
3歳から姉の影響を受けてヴァイオリンを習い始めました。13歳の頃みたかジュニアオーケストラ入団を期に、ヴィオラに転向。高校2年生の頃に音楽に一生向き合って携わっていきたいと思い音大受験を志望し、東京藝術大学に入学しました。現在はチェルカトーレ弦楽四重奏団のメンバーとして精力的にコンサートを行ったり、室内楽やオーケストラを中心に活動しています。

詳しくはこちら>>>

最近のコメント